インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。