インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始めるとき負担

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。

また、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。

食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。