インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。