インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがイ

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。

しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。