インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく耳にするインプラントは

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けるという手段もあります。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。