インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

少数の歯の欠損に対する治療としては、

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。