インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。