インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始める前に

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。