インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現状では、インプラント治療のほとん

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは実現できるようになりました。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。