インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませ

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。