インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントに関する情報は多

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。