インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの利用を考える際

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。