インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した技術となった今日で

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。