インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一般的にはインプラント埋入手術を日帰り

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。