インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。