インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。