インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。