インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属ア

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。