インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが固定され、義歯

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。