インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。