インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くな

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。