インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

数々のインプラント治療の問題点について、

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

それは気にしないでください。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。