インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

全てのインプラント治療にとって大事なのが自分

全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。