インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの特長として、噛んだときに安定

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごさなければなりません。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。