インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術では他の歯に触れていなくても、インプラント

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。