インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。