インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな

インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。