インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。