インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。