インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯で食べることに抵抗がある、

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。

しかし、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。

注意してください。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。