インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

技術の進歩した今では、インプラ

技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。

新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。