インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプ

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。