インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの手術してからし

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。