インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術では他の歯に触れていなくて

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。

これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。