インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。