インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療を始める前に必ず知るべきこ

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。

また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。