インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が適用されるケ

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。

インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。