インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントは虫歯に

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。