インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

よく耳にするようになったインプラントは、ど

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。