インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

欠損した歯の数が少ない場合、イン

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。