インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

大きな効果を得られるインプラン

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。

本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。