インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

急患でも診療を受けることが必要です。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。