インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。