インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうにかして、インプラントについての高い技

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも十分あり得ます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。