インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

これはインプラント治療の大き

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。