インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのもの

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。