インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとさ

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。