インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

普通、インプラント埋入手術は日帰りです

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。