インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうしても避けられない問題で

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。