インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。